Company
会社概要

会社概要

パートナー/ディレクター
  • 大月 延亮 Nobuaki Otsuki

    • シニアパートナー

    日立製作所にて開発購買・国際調達・戦略的提携業務に従事した後、アクセンチュア戦略グループ・財務経営管理グループにて、シニア・マネジャーとして日本・米国・シンガポールにおいて製造業、流通業、公益サービス業、金融機関に対する事業戦略策定、M&A実行支援及び経営改革実行支援に携わる(東京オフィスにおける財務戦略トレーニング責任者)。その後、IT系ベンチャー企業及び中堅コンタクトセンター企業などの取締役/COO・CSOを歴任し、企業価値向上に貢献。2007年1月に株式会社カタリストを設立し、代表取締役に就任。CRM戦略、組織・業務改革、新規事業開発を中心とするコンサルティング及びマーケティング貢献にコミットした実行支援に従事。2010年12月、ダズリング・ナイン(株)の設立に参画し、現在に至る。 米国ロチェスター大学経営大学院修士課程修了(MBA) SBI大学院大学非常勤講師(事業戦略構築論・事業計画演習)

  • 大塚 早希子 Sakiko Otsuka

    • シニアパートナー

    明治時代創業の東京・港区芝の旅館で生まれ育つ。住宅建築を専攻、TOTO株式会社のキッチンコーディネーター、建築設計事務所等で、食を中心とした生活者視点の空間造りや企画・調査事業に携わる。住友商事の物流子会社を経て、三菱商事の経営・事業戦略コンサルティング子会社インター・アクティブ株式会社及び株式会社テクノアソシエーツにてプロジェクトサポート及びコーディネーションを担当。R&D段階からのマーケティング戦略計画の策定と実行コンサルティングのサポート業務に携わった後、株式会社ドゥ・クリエーションにてショールーム・イベント運営事業及び人材育成業務を担当。2010年設立時よりダズリング・ナインに参画、取締役CMOとしての活動を経て、2013年10月より ルセット・ナイン㈱代表取締役。
    地域活性学会会員,日本女子大学家政学部住居学科卒

  • 熊谷 均 Hitoshi Kumagai

    • シニアパートナー

    KPMG LLPニューヨーク事務所にて財務諸表監査に従事した後、株式会社KPMG FASにて、M&Aに関連する財務デューデリジェンス、および業績不振企業の再生計画策定等に従事する。2006年にトラスティーズFAS株式会社を設立し現在代表取締役。 M&A実行支援、資本政策策定、海外進出支援、経営管理や業務改善などに関するアドバイザリーサービスを提供する。その他に業務開発、投資育成事業などにも関与する。2013年3月よりダズリング・ナインの活動に参画。 早稲田大学商学部卒業 公認会計士・税理士

  • 安藤 一郎 Ichiro Ando

    • シニアパートナー

    キヤノン株式会社を経て、米国留学後、ジェミニコンサルティングにプリンシパルとして参画、広範囲な経営コンサルティングに従事。その後、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルで副社長として旅行・法人事業を担当。ベイン・アンド・カンパニーではオフィサーとして、企業の戦略策定を支援。DHLジャパン株式会社日本代表、日本マクドナルド株式会社経営戦略担当役員、株式会社レックス・ホールディングス代表取締役社長を経て、独立。ハノーバー・アソシエイツ株式会社代表取締役。

  • 土田 佳毅 Yoshiki Tsuchida

    • パートナー (在ベトナム/ハノイ)

    KPMG Vietnamハノイ事務所にて投資・税務コンサルティングに従事。2007年にオリックスのベトナム駐在(2009年よりハノイ事務所代表)として、事業開発、不動産開発、ベトナム企業投資、ファンド運営(ドリームインキュベータとの共同事業)、PPP(官民連携インフラ投資)投資に携わり現地投資活動に従事。大手国営企業、ベトナム優良民間企業、当局との投資交渉を通じ、ベトナム人人脈を広げる。2012年にAMEV Consulting and Investmentをハノイに設立。M&Aのフィナンシャルアドバイザーとして越英日語で投資交渉することを得意とし、ANA Holdingsによるベトナム航空投資も手がける。大手国営企業への投資、PPP投資に造詣が深いが、独創性のある商品を持った日本企業のベトナム市場参入、WTO加盟後初の100%外資飲食店ライセンス取得、日本企業がマイノリティ出資したベトナム企業の内部監査など、対応できる業務は幅広い。ベトナム在住通算20年 上智大学文学部卒 共著「ベトナム投資ビジネス必携」(ジェトロ編著 2004年、税務・関税担当)

  • 村松 廣志 Hiroshi Muramatsu

    • ディレクター

    ㈱博報堂、㈱ブレーニング専務取締役を経て、1995年三菱商事の戦略コンサルティング会社インター・アクティブ㈱の取締役に就任、主に戦略マーケティング計画の策定と実行業務を行う。この間、商社間事業部門統合プロジェクトにおけるコミュニケーション計画の策定・実行、大手総合食品問屋の中長期経営戦略計画・実行のための「戦略タスクフォース」のプロジェクト・マネジメント等にも従事、横浜ワールドポーターズ等の大型商業施設事業の計画策定や施設・CI計画のマネジメントでも実績を残す。その後、流通事業・旭食品㈱のごちそうばなし生活科学研究所所長に就任、食産業の事業開発・成長戦略業務に従事した後、2014年3月より当社に参画。㈱ケーブレイン取締役・戦略マーケティング研究所所長、建設コンサルタントの日本振興㈱環境事業部顧問、㈱未来建設取締役を兼務。


<< 会社概要へ戻る